エンジョイ・バイク!〜バイクは大人の文化。長く楽しく乗り続けよう!〜
HOME > バイクの発進と停止の基本操作 > その6 クラッチレバーを握らない停止方法で身体とバイクの負担を減らす

バイクの発進と停止の基本操作・その6

クラッチレバーを握らない停止方法で身体とバイクの負担を減らす



  あなたはもっと上手くなれます


バイクを走らせるために必要なクラッチ操作ですが、
このクラッチ操作の回数が多ければ多いほど
その分、疲れもたまってきます

このクラッチ操作を減らすことができれば、
より疲れにくいツーリングを楽しむことができます

なので、クラッチを握らないで停止する方法を身につけましょう


ここで、良く勘違いされるのが、クラッチを(レバーいっぱいに)切らないと、
バイクに負担をかけるのでは?ということ・・・

バイクのギアの構造からして、そんなことはなく、
むしろレバーいっぱいに切る方がバイクに負担をかけることになります

(長くなるので、その理由は、ここでは割愛します)

また、エンジンブレーキが効かなくなると思われる人も
いらっしゃるかも知れませんが、そんな心配も不要です

停止直前のスピードでは、軽くブレーキをかけるだけで、
エンジンブレーキ以上の制動力を発揮します

言い換えれば、そのときのエンジンブレーキは、
バイクを止めるのには、ほとんど貢献していないのですから・・・

ただ、「一本橋」のときのように、
低速でバイクを安定させるのには有効です


さて、話を戻して・・・


バイクが完全に停止する直前に、ニュートラルにするのは、
バイクに慣れた人なら、よくやっていることですが、
この操作をクラッチを切らないでやってしまうのです

セカンドギア(2速)で、止まりかけてきたとき、
クラッチを切らないと、当然、ローギア(1速)に入りにくいです

これを利用します

アクセルを閉じて惰性で走ってきたときに
軽くシフトペダルにタッチするだけで、ニュートラルになります

クラッチを切っていないから、
セカンドギア(2速)が外れて、ローギア(1速)に入っていない状態

そう、「ギア抜け」状態を、故意につくるのです

もちろん、アクセルは閉じた状態で行いますので、
バイクが暴れることもありません

コツは、あくまでも軽く「チョン!」とタッチする程度

ぜひ身につけて、ツーリングを楽しんでくださいね


  あなたはもっと上手くなれます