エンジョイ・バイク!〜バイクは大人の文化。長く楽しく乗り続けよう!〜
HOME > バイクの発進と停止の基本操作 > その4 バイクが停止してから足を出す

バイクの発進と停止の基本操作・その4

バイクが停止してから足を出す



  あなたはもっと上手くなれます


バイクが停止してから足を出す、というと、
えっ?と思われるたかもしれません

でも、ここがポイントなんです

バイクが完全に止まる前に足をつこうとすると、
止まり切ったときの足の位置は、思った位置よりも後ろになります

足をついてから、まだほんの少しだけバイクは前に進むので、
しっかり踏ん張れる位置よりも足は後ろに・・・

そうなると、余計な力を使わなくてはならないので
これを繰り返すと、その分、疲れもたまります

立ちゴケの原因にもなります

ブレーキをかけて止まるとき、
停止するときに、前のめりに、カックンとならないように、
最後は、ブレーキを少し緩めますよね?

そして車速が0km/hになったときに、
再び、ブレーキを少し強めます(ココがポイント!)

特に、リアブレーキが有効です

一本橋を思い出してみてください

リアブレーキをかけると、ほとんど停止状態の速度にもかかわらず、
バイクがピタッと安定しませんでしたか?

そう、あの感じです!

立ちごけ防止にも有効なこの方法は

運転免許を取得している人なら、
誰でも、すでに身に付けている技術なんです


  あなたはもっと上手くなれます