エンジョイ・バイク!〜バイクは大人の文化。長く楽しく乗り続けよう!〜
HOME > ツーリング:トップ > ツーリングのスキル




ツーリングを楽しむために、
 走り方にも、ちょっとしたポイントが・・・

ツーリングのときは、走りに、気持ちに、メリハリを意識すると、
ストレスが減って、必要なトコロで集中力が保てて、
疲れにくく、楽しいツーリングがしやすくなります。

どういうことかというと・・・

走るコース・ルートを、いくつかのパートに分けて、
走る場所・ステージごとに目的をつけて、走り方も、気持ちも、切り替えるのです。

純粋に走ることそのもの、バイクを操ること楽しむ、スポーツライディング。

景色や、風や、周囲の空気・雰囲気を楽しむ、クルージング。

自分なりの、目的地(場所・ステージ)から目的地(場所・ステージ)への、移動。

これらのように、自分なりに、区間分けして、(もっと、あるかもしれませんが・・・)
走りに、メリハリをつけるんです。

ツーリングコースを、いくつかのパートに分けて、
それぞれに、気持ちや、走り方を切り替えていけば、
楽しく、疲れにくくなり、より安全で、充実した、ツーリングができますよ!



キャンプツーリングでは、寝袋を濡らさない!

キャンプツーリングをするライダーで、
「寝袋」を、そのままバイクに、くくりつけている人をよく見かけますが・・・

雨、降ったら・・・!

濡れた寝袋では、寝にくくありませんか?
疲れがとれず、翌日が楽しくありません。しかも、キケンです。

45リットルの、ゴミ袋を用意してください。

寝袋をたたんだら、このゴミ袋(ビニール袋)に入れて、
それから、寝袋の袋に入れてください。(逆だと、破れやすいので・・・)
それで、できれば、バッグなどに入れて、バイクに積みましょう!

ロールマットは、
登山用品店にある、「ザイル(ロック・クライミングのロープ)の袋」などに、
おなじくゴミ袋に入れてから、入れると、カンペキです。



バイクが大人の趣味で文化であるために・・・

車椅子のマークのある駐車スペースには、絶対停めない!!
ゴミや吸殻などを、ゴミ箱・灰皿以外に、絶対捨てない!!
周囲に配慮したライディングを!!

最低限、このくらいの意識をしておかないと、
結局、バイクを堂々と楽しめる社会でなくなってしまう・・・

と、思いません?





>> ツーリング:トップへ戻る
>> ホームへ戻る